窪田健策の日常

kensama333.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 21日

2003

久しぶりの作詞作曲の仕事をしています。
作詞はしばらくご無沙汰でした、
自分には、作詞のネタ帳がありまして、
それを探しましたが、
見当違いな場所を探していたらしく、
5年前、2003年の日記帳を
発見し、読み入ってしまいました。

日記の内容とは、、
恩師の経営するカラオケ店での一年間の奮闘記のような内容です。
ギッシリと書き込まれたその日記は、
冒頭で、いきなり「観光と恩師の店でのお手伝いに富山県へ来たはずが、
何故か店長に任命された、、、何故だ。。。。」
といった書き出しで、深夜に大声で大爆笑です。
思い起こせば、全く社会との協調性が無い僕が、
唯一社会勉強出来た場でした、
売り上げが上がったり下がったり、アルバイトとのトラブル、
社長とのケンカ、競合店の偵察、
人を使う難しさ、音楽で生計を立てる難しさ、
などが克明に綴ってあり、当時の自分を思い浮かべ、
しばし思い出に耽っていました。

僕のような人間にあのような機会を与えてくださった
社長には改めて感謝してます。


ああ、仕事仕事、、、。
[PR]

by kensama333 | 2007-06-21 00:16 | 音楽


<< 映像に付ける音      姪 >>