窪田健策の日常

kensama333.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2005年 10月 28日

夜食

最近HP見てるよー。と良くお聞きします(ありがとうございます)
なので小さな事でもこまめに更新するよう心がけてます
というわけで・・・・・

夜中に仕事をしていました。お腹がすいたので、
チャーハンでも食べようかと冷蔵庫を開けると、
奥の方に2.3日前にふかしたジャガイモがありました。
これはやばいと思い、おもむろに冷たいジャガイモを手に持ち
調理法を考えると、コロッケが真っ先頭に浮かんだので
思わず揚げてしまいました。こんな日もありますね。ないか。
c0019348_80401.jpg

[PR]

by kensama333 | 2005-10-28 08:02 | 美食
2005年 10月 23日

旧友2 LIVE

高校時の友人のライブに行ってきました。
当時僕はパーカッションで、彼はファゴットでした。
今はベーシストとしてハードロックバンドH:D:Lで
関東付近で活躍しています。
お互いの方向性は違えど、昔から、これから、
良い刺激を与え合える関係に感謝です。

c0019348_9574535.jpg

ライブ後、打ち上げにも参加させて頂き、
その後彼と我が家で2次会でした。
散々飲んだあげく僕は久しぶりに重度の二日酔いでした。

c0019348_1003117.jpg

酔った勢いで二人で作曲中。。。。
[PR]

by kensama333 | 2005-10-23 10:01 | 音楽
2005年 10月 21日

旧友が。

この二、三日間、大学時代の旧友松はじめ氏が来てました。
東京での仕事があるそうで、、、
勿体ない、、ホテルへ滞在するくらいならうちに来なさい。
と進言したところ、喜んで我が家に訪ねて来てくれました。
丁度、実家から届いたカボチャを
料理して振る舞う機会に恵まれました。。

この年になると、旧友の訪問はとても嬉しいものですね。。。
[PR]

by kensama333 | 2005-10-21 03:18 | 日常
2005年 10月 20日

公開稽古

全国ツアーを間近に控えた舞台、阪神淡路大震災の稽古を見るべく
高円寺まで行ってきました。

ネタばれのため詳しくは触れませんが、
目の前で実際に被災している様子を
客席で生々と感じ取れます。
地震の恐怖を疑似体験出来ます。

天変地異の前での人間の欲望、脆さ、そのすべてがむき出しになる様を
見事に描いていました。
僕も涙が止まりませんでした。
是非見に来て下さい。

主宰、脚本、監督   岡本貴也プロフィール


劇団たこあし電源のホームページ






c0019348_20381857.jpg
[PR]

by kensama333 | 2005-10-20 20:40
2005年 10月 14日

早朝、秋の空

大好きな時期です。
夜の菊川はとても静かで、
窓を開けると金木犀のにおいがします。
作曲も捗り、朝方窓から空を見上げると
秋の空が広がっていました。
c0019348_8275012.jpg


トップページへ
[PR]

by kensama333 | 2005-10-14 08:30 | 日常
2005年 10月 07日

普段の生活に、、秋です

北陸、北海道からもどり、演劇、大震災の録音を終え
しばらくおろそかにしていたホームページの
日記以外のカテゴリーを修正しました。
ホームページ内、あちこちいじりましたので、
見てやって下さい。(よさこい写真室つくりました。)

暑かった東京も随分と過ごしやすい季節になりました。
季節の移ろいと共に今日で28歳。
[PR]

by kensama333 | 2005-10-07 18:42 | 日常
2005年 10月 06日

阪神淡路大震災。

c0019348_4135862.jpg

昨年お手伝いさせて頂いた劇団たこあし電源の
全国ツアーが始まります。
それに伴い新たに音声を取り直すため
主宰の岡本さんをはじめ
声優さん、役者さんが僕の部屋に
集まりました。

今年は阪神淡路大震災から10周年、
更に偶発した新潟の地震、この期に
たこあし電源が震災の真実を伝えるということは
とても意味を持つと思います。
劇中には、実際に被災した主宰が
メディア、マスコミが語らなかった衝撃の
真実を舞台で再演します。

日本各地を廻ります。
お近くの方は是非見に行ってみて下さい。

主宰、脚本、監督   岡本貴也プロフィール


劇団たこあし電源のホームページ
[PR]

by kensama333 | 2005-10-06 04:11 | 日常
2005年 10月 01日

結婚式

新郎、新婦共に、僕の大学時代の友人であり、
船乗りと保母。
もともと田舎の仲間内同士だったので、結婚の話を聞いた時は
正直驚きましたが言葉数少ない船乗りと常ににこやかな保母。
改めて考えると実にお似合いのカップル。

c0019348_4495952.jpg

会場は北海道室蘭市
c0019348_4503027.jpg


式最後の新郎の挨拶では、新郎が、いつもの通り口数少なく
「とくに言う事もありませんが〜」の挨拶から始まり、会場には
軽い笑いが生まれたが、台詞とは裏腹に本人の目元に光る涙
とそれを暖かい眼で見守る親族、仲間達を見てると私も
ほんのりと涙腺が緩みました。
このような式に招待して頂いて嬉しかったです。
どうもありがとう。末永くお幸せに。

c0019348_4522240.jpg

[PR]

by kensama333 | 2005-10-01 01:43