窪田健策の日常

kensama333.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2005年 11月 07日

嬉しい日。

買い物に出かけようと郵便受けを覗くと、
郵便受け一杯に大きな包みがはいっており
差出人は、先日仕事を頂いた遊和の皆さんからでした。
中には皆さんが演舞したビデオテープと色紙が入っていました。
色紙には、メンバー一人一人から、メッセージが
綴ってあり、思わず胸が躍りました。
差出人がチーム名だったので、この場を借りて
お礼の言葉とさせて下さい。

僕自身も始めての(よさこい)試みでしたが、
希望に添う事が出来たようなので何よりです。
次回は遅刻しないように見に行きます(笑)
代表の松崎さんを始め、遊和の皆様、
この度は本当にどうもありがとうございました。


窪田健策
c0019348_1627102.jpg

c0019348_8141816.jpg

[PR]

by kensama333 | 2005-11-07 16:30 | 音楽
2005年 11月 06日

OB会に行ってきました。

昨日、銀座にて、母校、室蘭大谷高校吹奏楽部の同窓会がありました。
北海道から、先輩や、当時の顧問の先生まで来まして、
大盛況でした。

c0019348_1334322.jpg
TVやドラマでしか見る事がなかった、肩を組んで校歌を歌うという事を
始めてやりました。
僕の母校の校歌は拍子が4/4で始まるのですが途中で拍子が何度も変わる、
珍しい曲なので、突然唄う事になり、うるおぼえだけに焦りましたが、
そこは、ブラスバンドだけに、顧問の先生が、曲中、
あいの手で「4/3!、ハイ!次は4/4!」これで唄いやすくなりましたが、
懐かしさと、笑いもあいまって、全く唄えませんでした(笑)

10歳以上年齢の違う先輩達に色々話を伺いましたが、
当時は、僕らの頃とは比べ物にならないほど、レベルも高く
厳しかったようで、個人個人が、合奏前やウォームアップに、
モーツアルトやハイドンのコンチェルトを練習したり、
合奏では難解なレスピーギ等の曲を初見で演奏したりしていたそうです。
音程も純正率(周波数)が当たり前で、気を使わないで音を出した瞬間に
先輩の鉄拳が飛んで来たそうです。
先輩方は口々に、「完全に体育会系だった」と話していました。



二次会は、カラオケBOXでやりましたが、
皆さん、久しぶりの再会での喜びのせいか、
カラオケより話に花が咲き、殆ど唄う人がいないほどでした。
最後は、最年少の参加者ということもあり
突然僕が挨拶で閉めるような流れになり、
続いている伝統への感動と当時の苦悩や喜びを思ったまま
アルコールの力を借りつつ話しましたが、
先輩方は僕の話を聞いて涙ぐんでいるのを見て
僕も感動しました。
c0019348_13403299.jpg











写真 同期のTAKAと先生


帰り際、先生に挨拶をすると、包容と接吻を
いただきました。(汗)
誘ってくれたTAKA、暖かく迎えてくれた皆さん、
ありがとうございました。愉しかったです。



[PR]

by kensama333 | 2005-11-06 13:45 | 日常
2005年 11月 05日

OB会にいってきます。

高校生の頃、吹奏楽部に入っていました。楽器はパーカッションでした。
高校を卒業した頃は、何度か、OBの定期演奏会等に出して頂きましたが、
かれこれ10年以上顔を出していませんでした。
最近、高校の友人と顔を逢わす事が多く、近々関東支部の
同窓会が銀座であるので参加しようと誘われました。
出席者の中には当時の顧問の先生が北海道から来るそうで、
とても逢う事が楽しみですが
僕にとってカリスマ的な人間であった為、今から緊張しています。
という訳でこれから銀ブラしてきます。
飲むぞー。
[PR]

by kensama333 | 2005-11-05 10:58 | 音楽
2005年 11月 04日

実家の猫

今日は珍しくお酒を飲みながら打ってます。

北海道の実家に猫を飼っています。
名前はミケ。(そのままです)
僕が小学3年生の時にクワガタ虫をとりにいったときに
ゴミ袋の中に6匹、まだ目も開いていない子猫を拾って来た。
知識もなく、子供ながら、試行錯誤したが
殆ど助ける事ができなかった。

c0019348_129524.jpg

ミケは、とクロは(名前そのまま)
その中で運良く生き残り
クロは14年前に亡くなり
ミケは今年で18年目。
先日、友人の結婚式で帰ったときに久しぶりに逢ったが、
片目も盲目、すっかり痩せていて見るに絶えなかった。
実家の家族が週に1度、静脈点滴に連れてい行き、かろうじて
生きながらえている。猫自身は苦しさから解き放たれたいかもしれないが
生きていて欲しいと想うのは人間の都合。

避妊手術、食べるもの、首輪、全て人間側の都合。
言葉ははなせないにしても、長年、共に過ごして来た時間に
何を想ったのか聞ける物ならば、聞いてみたい。
窪田家に来てどんな時間がおくれたのかどうか。

夜中の4時、静かな墨田区に響くサイレンの音を
聞きながら。
そんな夜。
[PR]

by kensama333 | 2005-11-04 05:52 | 日常